4月25日から5月10日まで院内感染防止の観点から休診と致します。

  • 4月25日から5月10日まで院内感染防止の観点から休診と致します。

溜池山王の歯医者、古市歯科医院です。

新型コロナウイルス感染拡大のため、東京では緊急事態宣言が出されています。新型コロナウイルスはとても感染力が強く、しかも症状が出ないうちから(感染から長くて14日間)感染力をもちます。

世界平均では、感染者の20%に入院が必要になり、死亡率は3.4%(東京3%)です。(4/8現在)古市歯科医院では、診療中の血液経由の感染(B型C型肝炎ウイルス、HIVなど)防止対策を普段から徹底的に行なっていますが、歯科診療所において、新型コロナウイルスはエアロゾル感染があるため、対策に限界があります。

そして、窓の開閉が困難な環境では3密下であり極めてハイリスクと言わざるを得えません。

また、歯科治療の特徴として、患者と医療者が密接しないとできないことがあり、社会的距離を十分確保できません。そのため、感染拡大期は患者と患者の間、医療者と患者の間の感染リスクを減らすため、緊急性のある応急対応のみを行うよう厚生労働省から通達がありました。

※厚労省からの通知が出されていますので、こちらもご確認ください。

https://www.jda.or.jp/dentist/coronavirus/doc/20200407-01.pdf

上記のことを考慮して、

4月25日から5月10日まで院内感染防止の観点から休診にさせて頂きます。

医院一同早い収束を心より願う次第であります。