ホーム > 診療科目 > インビザライン

インビザライン

イン

インビザラインとは

アメリカで開発されたマウスピースを用いた新しい矯正治療です。
全世界ですでに210万人に使用されています。

メリット

通常の矯正治療と比較したインビザラインのメリットは以下の通りです。

透明で目立たない

ワイヤー矯正は見た目が気になる、という方も多いのではないでしょうか。
インビザラインは透明なマウスピースタイプですので、従来のワイヤー矯正と違って目立ちません。

歯磨きや食事も通常通り

お食事、歯みがきの時は取り外して頂けるので、普段通りに楽しんで頂けます。

痛みが少ない

インビザラインは従来のワイヤー矯正より痛みが少ないと言われています。
またワイヤーを使わないため、粘膜への痛みや口内炎などもできにくいです。

事前に治療完了までの動きが動画で確認できる

治療を始める前に完了までのアライナーの個数や、治療ステップを画像で見る事ができます。

インビザラインの注意点

非常に便利で有用なインビザラインですが、注意点もあります。
それは以下の通りです。

  • 装着時間が少ないと、計画通り歯が動かないことがあります。
  • マウスピース(アライナー)以外の矯正装置を併用することがあります。
  • 治療に向かないこともありますので、まずは無料の矯正相談のご予約をしてください。

費用

インビザラインの治療費用はおおよそ90万円~となっております。
また月に1度の治療費として5000円ずつ頂いております。
治療費は難易度によって異なります。
詳しくは無料相談にてしっかりとご説明いたします。

インビザラインの治療の流れ

実際にインビザラインを用いた治療を行う際の流れについてご説明いたします。

無料相談(約30分)

最初に担当医とのカウンセリングがあります。お口の状態を診させて頂き、治療への要望などをお聞きした後、インビザラインのメリット、留意点、ワイヤー矯正との違いなどご説明します。

精密検査、歯の模型採取(約1時間)

インビザライン治療に同意頂けたら、精密検査をします。レントゲン撮影、お口の中の写真、お顔の写真に続き、歯の精密な型取りを行います。

米国アラインテクノロジー社へ空輸

採取したデータを米国へ送ります。アライン社では送られた歯形をCTスキャンで3Dデータ化し、コンピューター上に再現します。
その後、治療完了までの動きが作られます。
担当医は出来上がった治療計画を必要に応じて修正していきます。
全ての修正が完了し、承認されるとアライナーが一括製造され、日本まで空輸されます。

治療開始(初回のみ約1時間、2回目からは30分)

アライナーが医院に届いたら治療開始です。装置の付け方、装着時間、使用上の注意点を詳しくご説明します。
通常は2週間に1度で新しいアライナーに交換して頂きます。
医院へは1ヶ月から1ヶ月半に一度来院して、歯の移動やアライナーのフィット具合などチェックします。

PAGE TOP