ホーム > 医院案内 > 院長ご挨拶

院長ご挨拶

略歴

  • 昭和60年 慶應義塾高等学校卒
  • 平成4年 日本歯科大学卒
  • 大学卒業後オフィスビル内の医院に勤務
  • 予防歯科のパイオニアである熊谷先生の講演を聞き共感を覚え、2001年2月、予防歯科をメインにした古市歯科医院を開業
    今日、年間3000人の患者様がクリーニングで来院されています。
  • オーラルフィジシャンコース修了
  • 「SJCDぺリオ&インプラントコース修了」
  • 「JIASインプラントコースおよびアドバンスコース修了」
  • 「オーラルフィジシャンぺリオ・エンドコース修了(ヒューストン)」
  • 「マイクロサージェリー&エンドコース修了」

院長ご挨拶

歯は一度治療を受けると、必ず再治療を余儀なくされ数回の治療を受けることにより最後は抜歯にいたります。

では、どうしたらよいでしょう?

極力治療を受けないでいい状態を維持することが必要です。

しかし、日本人の場合今だに20歳を迎える段階で既に15本前後の歯を処置されていることがデータで明らかです。
戦後の皆保険制度に従い、問題が生じた時にのみ医療機関で治療を受けるということを繰り返すことで、残念ながらほとんどの国民が一生自分の歯で生活することができないのが実情です。

古市歯科医院では、がりがり削ることや血だらけになりながら痛い思いをする治療を繰り返し受けることでは、長期的にみて患者様方に何も利益を提供できないと考えております。
現行の医療制度の中、我々スタッフはオフィスビルという立地のなかでどのように真の患者利益につながる医療が可能か考えて参りました。

我々の医院は開業して長い時間を経る中で初めから一貫して予防医療の普及に取り組んで参りましたが、残念ながら治療でお見えになる患者様の約8割程度が他院で行われた治療の経時的理由による再治療、又は不適切なもののやり直し治療であります。
そうしたお口の中をメインテナンスできるレベルに改善し、いずれ必ず必要となる再治療ができるだけ近い将来おこらないようにコントロールすることを主眼とし、歯科衛生士と共に臨床にあたっております。
最初は治療目的で来院された方々も、歯科において予防がいかに重要であるかを十分に納得され、現在では約1,000名前後の方々が定期的にバイオフィルムの破壊と除去(クリーニング)にいらしております。

治療を受けた後にメインテナンスを受けている方も、生まれたときから健康な状態を維持されている方もおられますが、今後お付き合いさせて頂き10年20年が経過したときその方々のお口に多くの歯が残ることを実現できるよう治療計画の立案や衛生士教育に力を注いでおります。

PAGE TOP