ホーム > 医院案内 > 初診の流れ

初診の流れ

診療のシステム

当院では、メディカルトリートメントモデルに則って診療を行っております。
患者様との認識のずれが起き、不満が生じてしまわないよう、何のために治療を行い、その治療の効果がどうだったのか、何故次の段階へ行くのかを細かく説明する医療システムです。

症状のある方

流れ:問診>診査>診断>処置>モニター

診断にはレントゲン撮影が必要です(妊娠されているないしその可能性がある方を除く)。
これは、治療の根拠を示しかつ記録する必要があるためです。
応急処置が必要な場合当日処置します。
その場合、治療時間は1時間程度みて頂きます。

平成18年4月より口腔内写真を保存することが必要となりました。
これらは、患者様の状態を10,20年単位でモニターするために有益な情報になります。

応急処置が終了しましたら、次回の予約は2回お取りします。一つは治療の続きのためと、もうひとつは治療を受けるに際して必要な情報を説明し、お口の中の歯ぐきの状態を検査し簡単な清掃改善をするためです。
保険診療を希望される方は、保険診療のガイドラインに基づき診療を進めていく必要があります。

チェックとクリーニングご希望の方

流れ:問診>診断>処置

チェックとクリーニングの方は、処置の必要性がない場合現行の保険制度では自費診療になります。
但し、歯石やバイオフィルムの付着のない方は実際おられないので、ほとんどの方は保険が適応可能です。
金額は、3,650~3,710円程度になります。

保険を使わない、ないし持たない方(外国籍の方など)のクリーニングは12,960円(税込)で行っております。

PAGE TOP